昔、村上龍の『13歳のハローワーク』を読んだ。

家のベッドでずっと寝てる俺を見て、母親が買ってきてくれた。

色々な職業が載っていたので、自分でもなれそうな職業を探したりするのに躍起になっていたけど、すぐに諦めた。

俺になれそうな職業なんて、まったくと言っていいほど無かったから。

 

でも1つだけ、印象に残っていた職業がある。

それは「作家」だった。

『作家というのは人がなれる「最後の仕事」だ。ホームレスでも死刑囚でも、引きこもりでもできる仕事は作家だけである。「自分に残された道はもう作家しかない」。そう思った時に作家になればいい』

という感じの文が書いてあった。

 

そうなんだよな。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com