修学旅行1

高校生だった俺は、当時私立の高校に通っていた。

高校時代のことは、ほとんど思い出せない。というのも、2年生から3年生の途中までは、一切学校に通っていなかったからだ。

「卒業するには全然出席日数が足りない」と担任の教師が言うので、3年の夏休みの間はずっと図書館で教科書をノートに書き写すという作業をしていた。

その作業はというと……『歴史なら、教科書の文字を一字一句写経のように真っ白なノートに書き写す』『数学なら、教科書の図形をこれまたノートに寸分違わず書き写す』といった不毛なものだった。45分かけてノートを書き写し、休み時間を取り、また45分は別の科目の教科書を書き写す。

書き写す……書き写す……

そんな作業も、最初はキツいものだったが、人間とは凄いもので、次第に慣れてくるし脳も麻痺してくる。毎日同じことの繰り返し。教科書を見ては書き写す。

すると、同じ姿勢と長時間の筆記作業で鬱血したのか、右腕の肘の内側がだんだんと黒くなってきた。それだけにあきたらず、中指の所謂『ペンだこ』が出来る部分が力の入ったシャーペンの持ち方のせいか、クレーターみたいに潰れている。

家に帰って風呂に入りながら、次第に蝕まれていく俺の身体を眺めて「え? 俺、何やってんの?」と、急に我に返って泣いたりした。

 

そんなこととは特に関係なく……

 

3年の9月に、うちの学年では修学旅行があった。

大抵の高校では受験の関係もあってか、2年で修学旅行、というところが多いらしい。

俺の通っていた高校は私立だったし、進学のための勉強も一部の特進クラスで活発なだけであって、他の有象無象の生徒達は、進学よりも就職する方が総数としては多かった。

そういう背景もあったのか……は、俺の知るところではなかった。

 

というか、いつの間にかその修学旅行に参加していた。

 

 

――――――――

 

 

そんなわけで、俺は空港に向かうバスの中にいた。

 

「……」

 

ずっと不登校だった人間が、修学旅行のために普通に登校してきたのを見て、クラスの人間の反応は特に良くも悪くもなかった。

というかほとんど誰も、俺のことを気にしてないみたいだった。

「あ、そうなの?」

みたいな感じである。

その点ちょっとは楽になった気がした。

俺としては修学旅行に参加できさえすれば良かったから。

 

思い出作り……

 

そんな言葉が頭に浮かぶ

 

俺自身も、なぜ修学旅行にだけ参加しようと思ったのか分からない。

一度しかない高校時代に、普通の人なら様々な経験をする。その経験の機会を失うのがつらかったのかもしれない。

 

「おい、着いたぞ! 忘れ物しないように確認してから降りろ~!」

 

学年の担任が全員に聞こえるような声で叫ぶ。

空港に着いたようだ。

 

俺は誰も話す相手もいないのでしばらく無になっていると、航空機が到着したようで、搭乗券を受け取り、乗り込む。

 

乗り込んだ航空機は国際線……、つまり海外旅行である。

それもオーストラリアの『パース』への旅だった。

 

本当なら毎年の修学旅行は、『韓国』に行くはずだったのだが、今年に限り、日本と韓国の関係が悪くなったという理由で、旅行先がオーストラリアに変更になっていた。俺としては、どっちでもいいのだが。

 

今回の旅程は、日本~ケアンズへ飛行機で移動、その後1泊し、ケアンズ~パースへと、また飛行機で移動するという内容だった。パースにはうちの姉妹校がある。そこを訪問するのが名目上の目的である。

 

正直、旅行の内容に関してはほとんど覚えていない。色々な所に行ったというボンヤリとした記憶があるだけで、後は意識を失っていた。

 

断片的な記憶……

 

俺を乗せた航空機は、ケアンズへ着こうとしている……

 

 

―――――――

 

 

「うっ………」

 

航空機がケアンズ国際空港に着陸しようという刹那、強烈な違和感が襲って来た。

 

(うんちが漏れそうだ……!)

 

うんちが漏れそうだった。

 

こういう大事な時に、お腹がゆるくなってうんちが漏れそうになるのが俺の特徴である。

「……」

脂汗をかきがなら目を瞑り、腹の前で手を重ね合わせ、静かに天に祈る。

 

時間を―――

 

ゴゴン……

 

到着した。

 

「……!……!」

 

一刻も早く航空機から降りたいがため、前のクラスメイトの背後にピッタリとくっつきながら移動する。クラスメイトからは気持ち悪そうな目で見られている。

関係ないのだ。命がかかっていた。

搭乗橋を抜けると、俺は真っ先にトイレを目指す。

人目も憚らず駆け足である。

トイレの表示。

個室に辿り着いた。

ベルトを外す時間すら惜しい。

 

………

 

 

――――――――

 

 

「ほぉ~~~~……」

 

間に合った。俺は胸の前で再度、手を重ね合わせる。ありがとう。

 

「……」

 

とはいえ、まだ全部出し切ってはいないので、しばらくトイレに籠もることにする。

 

と。

 

「おい!! ○○!!!」

 

「ひっ……」

 

俺以外に誰もいないトイレの中に怒号が響いていきた。

 

「なにやってんだお前は!! 他の人間が待ってんだぞ!!!」

 

担任の教師の声だった。

うちの高校はガラの悪い生徒も多いので、ナメられないようにするためなのか、威圧的な教師も多かった。うちの担任もその一人である。

 

「す……すいません、お腹が痛くて……」

「チッ……便所程度で他人を待たせんな!! 早く出ろ!!」

 

そう言い残して担任は出ていった。

 

「……」

 

しーんと静まりかえるトイレの中。

 

少し落ち着いた俺は、さっきまでの出来事を頭で反芻する。

 

……

 

喉から熱いものがこみ上げてくる……

 

「ひっ……ひん……」

 

なんで?

 

俺が悪いから?

 

気づけば涙が流れていた。

 

俺が悪いんです……

 

ごめんなさい……

 

……

 

この顔の赤みが引くまで、もうちょっと時間がかかりそうだった。 

 

 

 

 

つづく

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com