読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム

大学時代は今ほどTwitterを真剣にやっていなかったし、やる意味も感じる事が出来なかった。ただ、大学の知り合いや興味のある人をフォローしていただけで、呟くのも1ヶ月に1度あるかないか、といった具合だった。

 

mixiもやっていたけど、そっちも同じような感じ。

 

その頃の俺の中を占めていた一番大きな部分は、大学の授業終わりに部室でどんなゲームをするかということ。

 

そして、『ゼルダの伝説25周年シンフォニーオーケストラコンサート』のチケットが、1枚余っていたということだ。

 

――――――――

 

『チケットを譲ってくれませんか?』

ゼルダの伝説コンサートのチケット欲しいです!』

 

当時のmixiでたくさん立っていたスレッド。俺はそこをサラサラと眺めていく。

 

コンサートのチケットを2枚取ったのは、前に1度一緒に同じようなゲーム音楽のコンサートを見に行ったことのある友人のためだった。

 

その友人は、その日は別の用事があるということで、断られてしまった。

早く言って欲しかったんだが……

 

元々大学にも友人は多くない。サークルの数人だけである。

その友人に声をかけても、

「いや、あんまり興味ないし遠慮しとく」

「ゲームは好きだけど音楽はそうでもないなぁ……」

という返事が返ってくる。

 

このまま、このチケットの席を空白にするのか……?

 

そう思いかけた時、なんとなしにmixiを開いたら『チケット譲ってください』の文字が目に飛び込んできた。

 

これだ――

 

……

 

色々な人の投稿を眺める。

とはいえ、知らない人にチケットを譲るのは正直言って怖い。郵送は手間がかかるし避けたいところ。直接その場で会って、そのままチケットを投げつけて終わりにしたい……

 

と、

 

「(女性の投稿者にチケットを渡せば、その後ワンチャンあるんじゃないか?)」

 

思っちゃった。

 

それからはもう女性の投稿しか見えないですよね。

 

――――――――

 

すみだトリフォニーホール、その大ホール。

 

俺はその入り口に立っている。辺りは暗い。昼と夜の公演のうち、俺は夜公演を選んでいた。近くには、ゼルダの伝説シリーズの絵などがラッピングされた柱が立っている。

今回、女性と待ち合わせをした場所だった。

 

『チケットをお譲りしたいので、個人メッセージでやりとりしませんか』

そう持ちかけた。

『ありがとうございます! いいですよ!』

返事が返ってくる。

 

そこで交わした言葉が、待っている俺の頭に浮かび……

 

「お待たせしました~♪」

「イ」

 

想像以上に甲高い声が響いて混乱する。

オタクらしく地面に向いていた顔を上げると。

 

めっちゃ可愛い……

 

髪は長いストレート。

長い睫毛が大きい瞳に影を落としている。

というか、顔がメチャクチャ小さかった。

 

一方、服装はフリルが多めの白いブラウスに茶色いスカート。

スカートに合わせたのか、肩にかけた小さいバッグも茶色だった。

 

「アイ、どうも……」

キモい声が出る。

 

「○○さんですよね?」

「は、ははい」

 

母親以外の女性と話すことがほとんど無かったので、緊張するし汗がダラダラと背中を濡らす。

彼女はあまり気にした様子もなく、笑顔を浮かべている。

 

「あ」

彼女が思い出したように声を上げた。

「お金渡さないとですよね、はい」

 

財布から本来のチケット代ピッタリの金額を俺に渡してきた。

 

「あ、はい……こ、これチケットです」

俺はカバンに入っていたチケットを渡す。

「ありがとうございます! 行けなかったらどうしようかと思ってたんですよ~」

笑顔になった。 

 

「私、ちゃんとゲームを買ってたんですけど、その特典でこんなコンサートに行けるなんて知らなくって……気づいたら受付は終わってるし……ゼルダの伝説が好きだし、どうしても行きたくって……」

ちゃんとチケットが貰えて安心したのか、口が回っている。

「そ、そうなんすか、ははヒ」

俺は出かける前にメリットだけで洗った、ゴワゴワの髪の毛をかいた。

 

それから並んで座席に就くまでに話していて分かったのが、彼女がどうやら売れないアイドルをやっているらしいということだ。

 

アイドル、ねぇ……どおりで普通の人よりは可愛いわけだ。

アイドルグループの名前も聞いた、アリスなんちゃら……。

 

しばらくしたら、座席を照らしていたライトが暗くなってくる。

 

ライトはステージだけを照らしている。

指揮者が壇上に立つ。

 

コンサートの始まりだ。

 

――――――――

 

「いや~~~~~ぁ良かったですねぇ! 知ってる曲がたくさんあって、興奮しましたよ~~~! 私、ムジュラの仮面が好きなんですけど、その曲もあって……あ~~~~~~……」

「はは……」

 

彼女はかなり興奮していたようだった。

演奏中にちらちらと横を窺っていたら、彼女は笑顔になったり急に手で口を塞いで泣いたりしていた。

俺はというと、彼女が首を傾げている曲に「これはねぇ……この作品のこの曲でね……俺がィヒ……好きな曲なんだ……ヒヒヒ」とかオタク特有の気持ち悪い知識を披露したりしていた。彼女は「へぇ~」といって軽く聞き流していたが……

 

帰りは俺と同じJR総武線に乗るというので、駅までの道を並んで歩いている。

 

足を動かしている間、俺は迷っていた。

 

「(これメシに誘ってもいいのかな……)」

 

そう、mixiの女性にばかり目を通していたのも、ワンチャンを狙ってのことだったのだ。これを達成出来るまたとないチャンスだった。

俺の人生で今後何回訪れるか分からない、貴重なチャンス……

 

「……」

「……? どうかしました?」

 

俺は足を止める。

彼女が不思議そうに聞く。

 

「……」

「?」

 

「……」

俺は……

 

……

 

「いや、何でもない……」

「……? そうですか……?」

 

彼女が怪訝そうに首を傾げている。

 

ダメだ。

ダメ。

俺じゃダメ。

俺みたいな気持ち悪い男、今の服装も高校の時に買ってから何年になる?

髪の毛だってリンスすら使っていないからボサボサだ。散髪だって1,000円でしてもらった。

 

なにより。

人と話すのが苦手で、とりわけ女性と話す事なんて、こんな時にしかできない。

その癖に、チケットをダシにして女性を物色していた。

 

気持ち悪い……

 

あわせる顔が無い……

 

「じゃあ……俺は御茶ノ水方面だから……」

「そうですか」

 

千葉方面のホームへ向かう彼女が、俺に手を振る。

 

「……」

 

ホームに電車が入る。

ドアが開いた。

 

「う」

 

場の演出用ライトの明滅にあてられたのか、頭が痛い。

今日は帰ったらすぐに寝よう……

 

――――――――

 

その後、彼女はmixiからいなくなっていた。

退会したらしい。

 

彼女が所属しているアイドルグループのホームページも見てみたが、コンサートの後、数日で解散発表を出していた。

解散理由は身内の誰かが活動に背くような事をしたらしい。詳しくは書いていなかった。

 

綺麗な顔だったが、今ではまったく思い出せない。

 

それにしても。

 

俺にすら顔を覚えて貰えないなんて、やっぱりアイドルとしての才能が無かったんだろうな、とか。

 

そんなこと思ったりした。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com