読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳、人生で初めてのデートをした時の話。

”命と引き換えに金を欲しがるのは強盗であるが、女はその両方とも欲しがる。”


―――――――


以前、生まれて初めて女の子と連絡先を交換したという話を書いた。
その際に食事に行った旨に触れた。

それが人生の初デートだった。


居酒屋に行った後の話……


1時間程度で店を出た。時間は8時くらい。
当然、2軒目に行こうという流れになる。

近くに住んでいるとはいえ、普段家で過ごしている俺に次の店など分かるはずもない。
隣で女の子のHカップの胸が揺れる。

「あ、ダーツバーがありますよ。あそこに入りませんか?」

そこに決定。

ダーツバーなんて初めて入るので、店にダーツが置いてあるのも物珍しく感じる。
適当に酒(甘い)を頼み、店員に言ってダーツで遊ばせてもらう。

「じゃあ。彼女さんはこっちね」

店員には男女のペアというだけでカップルに見えるのだろう。
俺も悪い気はしないので気持ち悪い顔でニヤニヤと笑っていた。女の子の表情は見ていない(顔すら見るのが恥ずかしいので)。


開始。


―――――――


負けた。

しかも2戦2敗である。


「結構簡単ですね」
「あ、ああ……」


昔から勝負事は苦手なのだ。


―――――――


その後はちびちびと酒を飲みながら、ダーツバーって始めて入るから興味深いナァ、みたいな話をした(話題がないので話が面白くない)。
思えばもうこの時点で、俺は終わっていたんだ。


俺が甘い酒を飲みながらフライドポテトを無心につまんでいると、女の子がスマホを弄りだした。Hカップの胸を見る俺。
しばらくして顔を上げ、切り出してくる。

「あの、知り合いを呼んでいいですか?」
「あっ……うん」
「男の子なんですけど」
「!?」
「ダメですか?」
「いや……いいよ」
「やった~!じゃあ連絡しますね!」


数十分後、店のドアが開く音。


「っちゃ~っす」
「あ♪こっちこっち!」


自然な動作で女の子の隣に座る男。
20代前半くらい……体育会系の軽くオラオラ系な雰囲気の男だ。

そして、顔が整っていた。


「あの…、どちら様ですか?」
「えっと……(ここで男と目を合わせる)…元カレです♪」
「!?」
「まあ、そんな感じっすね。よろしくお願いしまっす!」
「……ぁっす」



なるほどね。

そういうのもアリなのか。



とりあえず年齢を聞く。

「今年21っすね」

(しかも年下やんけ…!)

ここで早くも気分が落ち込んでくる。
俺が大学の部室で男同士で延々とスマブラDXをやっていた時期を思い出した。
もちろん童貞である。

「ごめんね~、呼び出しちゃって!」
「いや、俺も久しぶりに会いたいと思ってたんで調度良かったわ」

そこからは俺が完全に会話の外に出される。
話の断片から察するに、高校時代に付き合っていた間柄らしい。


「ねぇ~? 仕事はどんな感じ?」
「今は貯金してるところ」

(高卒で働いてるのか……しっかりしてるな……)

「え~? いくらくらい貯まったの?」
「50万くらいかな?」


(……負けとるやんけ!!)


落ち込む。


―――――――


「それで……」

俺の方を向く男。

「え?」


「こいつとはもう”ヤった”んですか?」


「!?」


「ちょっと! も~、そんなんじゃないから!」
「だって気になるだろ?」
「今は! そういうのいらない感じだから!」

(そうなのか……)

そこからはシモのトークが開始。

「クリスマスにプレゼントも買わないで、ホテルでセックスだけするってどう思います?」
「いや、あの後買ってあげたじゃん!」
「当日じゃないでしょ! クリスマスって日が重要なの! 別の日にもらっても嬉しくもなんともない!」
「でもさぁ、あのネックレス高かったんだぞ?」
「でもじゃないでしょ!?」
「どう思います?」
「まあ……クリスマスは当日が重要って気もするね……」クリスマスに女の子と過ごしたことがないから曖昧な返ししかできない俺。
「でしょでしょ!?」
「あ~……悪かったよ」


ホテルでセックスしたこともない、クリスマスに誰かと一緒に過ごしたこともない。
そもそも彼女ができたことがない……。


虚しい。


そういう会話がしばらく続いた後。ダーツバーなんだからダーツしよう!という話になる。


元カレと俺の勝負。


「じゃあよーい、ドンっ!」


―――――――


負けた。

しかも2戦2敗である。

「結構簡単っすね」
「あ、ああ……」


―――――――


「もう2時かぁ~」と元カレ。
「あ~あ、電車なくなっちゃったなぁ~」と女の子。
「そうだね」

俺はタクシーで帰るつもりだったので、二人にどうやって帰るのか聞いてみた。

「俺は車で帰ります」

そう、彼は最初からソフトドリンクしか飲んでいなかった。
「そっか」と言おうとした瞬間。

「え~、じゃあ乗せてってよ」

「!?」

女の子が言う。

「まあ……いいけど」

「!?」

男が答える。


―――――――


店を出て二人を見送る俺。

そのあとの二人に何があるのか、俺には知る由もない。

もちろん年長なので飲み代は俺が全て出した。

終電を過ぎた街は静かである。

俺は、薄くなった財布に帰りのタクシー代金があることを確認し、タクシープールまで歩き出した。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com