セックス病

ペニスに違和感がある。
そう気づいたのは正月が開けた、3日か4日くらいのことだったと思う。

いつも通りの日課としてシコシコとオナニーをしていると、明らかにカウパーと違う液体が尿道から出てくる。
「膿だ」
白くてどろどろしたもの。

ちんちん 膿 検索 → 『淋病 クラミジア

「なるほどね」

とはいえオナニーの途中だったので、シコシコは続行し、合計で3発を発射。


―――――――


それから、日に日に症状は悪化していった。
最初は皮の中(包茎なので)でおさまっていた膿が、パンツまで染み出してくるようになる。
終いにはパンツの股間あたりの部分が白くてカピカピになってしまう。

さらに追い打ちをかけてくるのが”尿道の痛み”。
コレが一番キツイ。

トイレでオシッコをしようとすると、激痛が走るようになる。
まるで尿道から細長いタワシを排出しているみたいな、刺さる痛み。
身体を静止させることが出来なくなり、オシッコをしながらくねくねと気持ち悪い動きをしなければ排尿できない。

それでも容赦なく仕事はやってくる。
9時間の間、トイレにすら自由に行けない仕事なので、パンツを通してズボンまで膿が浸透してしまったら困る。

そこで俺は生理用ナプキンを使用することを決めた。

トランクスしか持っていなかったため、ナプキンをセットするためのブリーフを購入。
自宅以外ではナプキンを付けたまま生活する。


それと同時進行で、淋病・クラミジアに効く薬をネットで探していた。
どうやらアジスロマイシンという抗生物質が含まれている薬が効くらしく、ネット通販で購入。
個人輸入となるため、届くまでは10日ほどかかるとのこと。

この間の俺の気持ちは、淋病・クラミジアに罹患したことのある人間なら分かると思う。


10日後――


連日の仕事と、もはやオシッコをしていなくてもジンジンと痛むようになった股間のストレスでフラフラになりながら帰宅した俺の耳にチャイムが響く。

薬が届いたのだ。

俺は逸る気持ちを抑えながら薬を飲む。
コレで安心して眠れる……ちんちんの朝立ちですら痛みを感じ、その痛みで起きるような毎日を過ごさなくて済む……
そのまま眠りについた。

しばらくすると、違和感が出てくる。
胸のあたりが締め付けられるような、圧迫感、痛みがある。
「おかしい……」
そう思うが早いか、強烈な吐き気。
すぐさまトイレに駆け込み、薬臭い粘液を嘔吐。
それだけではない、グルグルと悲鳴を上げる腸……。

「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )」


―――――――


上から下から全ての水分を出し尽くした俺は、芋虫みたいに這い、薄くて湿った布団に戻り、そのまま眠る。


―――――――


「じゃ、あのカーテンの向こうへどうぞ~」
助手に促される。

俺は病院にいた。

そう、症状は一向に良くなっていなかったのだ。
それに、後で調べたところ俺は錠剤の計算を間違え、アジスロマイシンを6000mg服用してしまったことが判明。バカ。(通常は500mg)

「もうダメだ……医者に頼るしかない……」

そう判断し、少ない休みに病院へかかることを決めたのだった。

本来なら大きい病院にかかりたかったのだが、性病科がある専門的な病院の方が確実だと踏み、診療所を少し大きくしたような所を選んだ。

窓口で受付をする時に症状を聞かれ「性病だと思うんですが……股間から膿が出るんです」と答えるのを、おそらく性病とは別の病気で来ていた女子中学生に聞かれたが、気にしない。なぜなら一刻も早く治したいから。


診察室に呼ばれると、医者から開口一番、
「生でやっちゃったか?」
と聞かれる。

その後も、「素人?プロ?どっち?」「プロの方が逆に安心なんだがなぁ? ちゃんと検査もしとるし」といった会話が繰り返される。

問診の後は検査だ。

カーテンの先で下半身裸になり寝転がって、医者にちんちんを揉まれてスライドガラスを押し当てられる。

「ん? また別の白い膿みたいなのが出てないか?」
「あ、それティッシュです」

結果は淋病でした。

「じゃ、薬を出しとくからね、次いつ来られる?」
「え~…、全然休みが無いので、次は月末ぐらいになっちゃいます……」

と言ったら、

「そんじゃもうトロビシン……尻に注射、打っとくか」
「ぇ」
「特別痛いやつ……」ニヤリ

またカーテンの向こうへ促され、半ケツのままうつぶせで寝かされる。
助手の手にはデカイ注射器が握られている。

「あの……痛いんですかね……?」
「痛いですよ……」ニヤリ

「~~~~~~~~~~~ッッッッッ」


―――――――


「お大事に~」
「……ッ……ッ…」←ケツの痛みに耐えている

その後、調剤薬局でミノサイクリンと整腸剤のレベニンを処方され、帰路についたのだった。

現在治療中です。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com