夏の終わり2

『サマーキャンプ』には、様々なプログラムが組み込まれていた。

 

(確か)6泊7日の日程だったと思う。

内容としては『西表島でのキャンプ体験』→『石垣島での観光』という感じで動いた覚えがある。

西表島でのキャンプ体験がメインで、石垣島では最後の1泊だけを過ごす予定だった。

 

――――――――

 

海で泳ぐ泳がないという一悶着の後、『れいな』と俺は、割と仲良くしていたように思う。

全員ではなかったが、学校も様々な子供達が集まっていて、俺のグループの3人もみんな違う学校から来ているらしかった。そういう環境だったから、最初から仲の良いグループは少なかったように思う。

即興で作られたグループ内で、その場で友達を作る。

最初から仲の良い人間ばかりだと俺が入る隙もないから、自分としては環境に助けられた感じだった。

 

今日は設置したキャンプ地を離れて、『星空が綺麗に見えるというビーチで寝る』というプログラムが組まれていた。

と言っても、簡単に行けるような場所ではなく、草むらの中、獣道のような場所を結構な距離歩かないと辿り着けない所に、そのビーチはあるらしかった。

 

当時の俺は、標準よりもかなり太っており、おまけに運動系の活動も週に1・2回の空手道場程度しかやっておらず、太いモヤシみたいな人間だった。

 

「ィーーー……ヒィーーーー……ィーーー……ヒィーーーー……」

↑上がりに上がった俺の息。

 

「大丈夫?」

『れいな』が聞いてくる。

 

「ィ………」←大丈夫じゃない

 

「頑張って」

 

「ィ……」

 

そんな会話をしながら、命からがら到着した。

 

キャンプ地を出発したのが夕食後だったので、辺りはもう薄暗くなっていた。

引率の大人から「じゃあ寝袋を用意して~!」という声がかかり、砂の上に寝袋を敷いていく。今日はここで星を見ながら眠りにつくらしい。

 

夏の西表島といえど、夜になれば肌寒くなってくる。

 

「………」

 

寝心地が悪い。

汗をかいてビショビショになった服に、風が冷たく吹きつける。

 

「ねぇ」

 

「え?」

 

『れいな』が話しかけてきた。

上を指さしている。 

 

「ほら見て、星がすごいよ」

 

「……?」

 

正直、星どころではなかった俺も空を見上げる。

 

「………」

 

とにかく、すごい数の星だったと思う。

灯りが無くても砂浜がうっすら見えるくらいだった。

 

「きれいだね」

 

『れいな』が言う。

 

「うん……」

 

まぁ……

 

小学生だったから、そんなに感動はしなかったんですけどね。

 

――――――――

 

その後は、ボートに乗って島から離れたところでシュノーケリングの体験をしたり(水中マスクの中に水が入ってきて死にそうになった)、カヤックという一人乗りの船みたいなものを使ってマングローブを探検したりと、かなり盛りだくさんだったが、正直あんまり覚えていない。

運動が苦手な俺からしたら『疲れた』という印象が最も強く残っているだけだ。

「(なんで必死こいてこんなコトしなきゃいけないんだよ……)」

口には出さないが、そんなことを常に考えていた。

 

ただ、グループの人間達とはそこそこ仲良くやっていたと思う。

 

『さおり』と『レオ』はよく一緒に行動していたし、『れいな』と俺もそうだった。

4人で何かしなければいけない時には4人で協力したし、そうでない時は2組でバラバラになったり一緒になったり、そんな感じだったと思う。

俺が常に帽子を被っていて、その帽子に名札を付けていたら『さおり』が「アンタそれ八百屋じゃん(笑)」とか茶化しだしたので、俺のあだ名が『八百屋』になってしまった。

 

そんな感じだった。

 

そして、西表島から石垣島に戻る日になる……

 

――――――――

 

「今日はここで島の歴史や動物を学びます!」

 

引率の大人の声が響く。

 

名前は忘れたが、博物館?資料館?のような建物だった。

中には動物の剥製や、歴史が書かれた書物が置かれている。

 

石垣島に戻った俺達一行は、レストランで食事をとってから、ここに移動してきたのだった。

 

「ここでは班行動はしなくて大丈夫です! 自由に建物の中を散策してみてください!」

 

どうやらそういうことらしい。

が、そう言われても、子供の俺には何を見ればいいのか、どう行動すればいいのか分からない。

自然と、今まで一緒に行動してきた班の人間達と行動を共にしようとする。

『さおり』や『レオ』はどうやら2人一緒に行動しているらしく、姿が見えなかった。

 

『れいな』がアクリルケースの中に飾られたハブの剥製を見つめているのに気がついたので、近くに寄ってみる。

 

「あの……」

 

声をかける。

 

「……」

 

「?」

 

様子がおかしかった。

俺が話しかけても、少しこちらを向くだけで返事をしてくれない。

 

「……」

 

しばらくハブの剥製を見ていた『れいな』だったが、飽きたのか別の場所に移動する。

よく分からない、毛むくじゃらの動物の剥製の前である。

 

「あの……、一緒に見て回ろうと思ってて、そんで」

「……」

 

今度は俺に見向きもしない。

 

あまり時間をかけず、次はガラスのドアを開けて中庭に出る。

俺はそれに着いていく。

中庭には誰もいなかった。

昼過ぎの太陽は高い位置にあり、影がとても短くなっている。

 

「……」

ずっと黙っている『れいな』。

 

「あ、あの」

俺は申し訳なさそうに声をかける。

 

「あのさ」

 

「え?」

 

『れいな』が口を開いた。

 

「ずっと思ってたんだけどさ」

 

「うん」

 

「いつまで、ついてくるわけ?」

 

「え?」

 

何が何だか分からない。

 

「ずっと後ろをついてきて、正直キモいんだけど」

 

「う……」

 

「じゃ」

 

俺の横を通り過ぎて、建物の中に戻っていく。

 

「……」

 

そのまま動けなかった。

 

――――――――

 

俺が建物の中に戻った時、『れいな』は他のグループの女の子と仲良さそうに話していた。

大きな口を開けて笑う。

俺と一緒にいる時には見せなかった顔だった。

全部わかってしまった。

別に『れいな』は俺を友達と思っていた訳じゃなくて、ただ一緒のグループとしてしか見ていなかった。

それを勝手に仲良しだと勘違いしていたのは、俺の方だった。

班行動でもないのに、金魚の糞みたいについてくる俺が、今までよりもウザく感じただけ。

 

ただ、それだけのこと――

 

――――――――

 

最後に1泊する石垣島の宿は、全員が1つの部屋で寝る大部屋だった。

そこに小さいブラウン管のテレビが置いてあった。

『れいな』や『さおり』、『レオ』は仲良さそうに話している。

 

俺はテレビを一人で見つめてた。

映っているのは『ウミガメと少年』。

 

戦争を題材にしたアニメ映画で、ウミガメの産卵を目撃した主人公の少年が、爆撃を避けるためにその卵を洞窟に移し、大事に守っていくと言う話だった。

毎日面倒を見ていた少年だったが、最後の場面で、誤って1つの卵を割ってしまった少年は、何日も飲まず食わずだったひもじさから、それを無意識に食べてしまう。

そのまま歯止めが利かなくなり、結局、他の卵の全部割って食べてしまっていた。

「ごめん……ごめんよぉ……」と言いながら卵を食べる少年を見ながら、俺もいつの間にか泣いていた。

 

それから、人と深く関わるのが怖くなってしまった。

 

そんな感じ。

 

全部終わり。

箱根

たまには楽しかった時のことを書きます。

 

――――――――

 

大学4年の夏休み。

 

受けても受けても就職先が決まらず、自暴自棄になっていた。

「もう就職とかこだわらなくてもいいんじゃないか?」

頭の中にそんな言葉が浮かぶ……

「どうせみんな就職が決まってないし、俺だけじゃないよ」

 

………

 

そんな中、夏休み中でありながら部室でNintendo64ディディーコングレーシングタイムアタックを無限にプレイしていたら、突然先輩(6年生)から、

 

「おい、箱根行くぞ箱根」

 

なんて電話がかかってきた。

 

特に断る理由もないので「あ、いっすよ」って返事した。

 

――――――――

 

「いや~1回みんなで行ってみたかったんだよね~」

 

先輩(6年)が、バイト先のレンタカー屋で借りてきたミニバンを運転しながら言う。

俺たちは箱根へ向かっている最中だった。

 

車内には、

・俺

・先輩(6年)

・先輩(5年)

・同級生

といったメンバー。

 

人数が少ないのは、他の学年のサークルメンバーは、就活や他の用事が入っていたりしているため。

突然「旅行に行こう」と言って、すぐに『イク!!!』と返事が出来る人間しか当然集まらない。

 

全員無内定―――

 

漂う限界感―――

 

「着いたぞぉ~」

 

白目を剥いていたら宿に着いたようだった。

 

今回泊まる予定の宿は、よくある旅館ではなく、所謂「リゾートマンション」というやつである。

 

www.jalan.net

 

↑ここ。

 

先輩(6年)が、「みんなでワイワイするんだったら旅館よりコッチがいいだろ」ということで選んだらしい。

会員制だが、期間限定で一般の人間でも泊まれるようだ。

中は本当にマンションの一室といった感じで、高級感のある広い部屋の中には、キッチン、リビング、和室などがあった。

俺達は和室の隅の方に荷物を置く。

 

と、

 

「じゃ、”””始める”””か」

 

先輩(5年)が言いだしたかと思うと、その腕には、

 

プレイステーション3』

 

が抱えられている。

 

「?」

 

てっきり観光をするために外出の準備をする……、そう思っていた俺は面食らっている。

 

「よし」

 

先輩(5年)の手によって、部屋に設置されている大きめのテレビにプレイステーション3が設置されていく。先輩(6年)も同級生も手伝っている。

 

「ほら! お前も、部屋のイスをテレビが見やすい位置に移動して!」

 

先輩(5年)の指示を受けて、面食らっていた俺も作業に参加する。

 

………。

 

「まだメシの買い出しには時間があるな、じゃあ2~3話くらいは見れるかな……?」

 

設置が済んだ俺達は、先輩(5年)が操作する画面を眺めている。

 

「おい、もしかして””アレ””か?」

先輩(6年)が聞く。

「……はい、””アレ””です。いや、ね、こういう機会じゃないと見ないだろうと思ってたし、みんなで見た方が面白いだろうと思ったんで……この機会に……」

先輩(5年)が画面を操作しながら答える。

 

(何が始まるんだ……?)

 

俺は怪訝な表情を浮かべる。

 

カチ カチ

 

フワァ~ン

 

アイドルマスター XENOGLOSSIA

 

「?」

 

「え?」

 

ここで?

 

「途中で買ってきたポテチとコーラもあるから、それ食っていいぞ」

 

長い戦いになりそうだった。

 

――――――――

 

「……」

「……」

「……」

「……」

 

全員無言である。

 

アニメを視聴し始めた頃は「おい! やよいがデカくなってるんだが!」とかワイワイやっていたのも束の間、3話あたりまで見たら、全員無言のまま焦点の合わない瞳で画面を見つめるという状態になっている。

 

「……」

「……あ」

 

俺の同級生が意識を取り戻した。

 

「そろそろメシの買い出しに行きませんか? 自分らで作るんだったら料理する時間もかかりますよ」

「……あっ……ああ、そうだな」

車の運転担当の先輩(6年)がビクッと反応した。

「アニメは、もういいんじゃないですか……? これ……」

同級生が画面を横目で見ながら言う。

「ああ……もういいな……」

先輩(5年)がその会話を受けて再生を止めた。

 

俺は、わりと見入ってしまっていたのだが……。

 

……。

 

4人で車に乗り込む。

 

昼飯はもう箱根へ行く道中、ファミレスで済ませていた。

これから行くのは夕飯の買い出しである。

 

「笑顔で勝つでしょ♪」

「やっぱ笑顔は正しいの♪」

 

車内で歌う先輩(6年)と先輩(5年)……。

 

白目を剥いていたらスーパーに着いたらしい。店内へ入る。

 

「今日は俺が作るぞ。メニューは鶏の唐揚げとアサリの酒蒸しの予定だから、その材料を買う。お菓子とかは自分が好きなのを適当に放り込んで、後で割ろう」

 

先輩(6年)は趣味が料理ということもあって、こういう時は頼もしい。俺はというと親子丼と焼きそばしか作れないので(両方ともフライパン1つで作れるからだ……)、かなり尊敬している。

今回泊まるところをリゾートマンションに選んだのも、先輩(6年)がみんなに自分で作った料理を振る舞いたい、という意図もあったらしい。

 

皿洗いは俺がやりますからね……という決意だけを新たに、カゴにお菓子を詰めまくる。

 

楽しい。

 

―――――――――

 

先輩(6年)の料理は本当に旨かった。

 

料理中に手伝おうかと思ったが、

「いや、お前らは適当にくつろいでていいよ。逆に手伝われるとペースが狂う時もあるしさ……」

と言われ、おとなしくプレイステーション3の『TOKYO JUNGLE』を3人でプレイする。

しばらくして、俺がゴールデンレトリバーの雌と交尾をしていると、

 

「できたゾ~~! 飯をよそってくれ!」

 

と先輩(6年)の声が聞こえてきた。

 

鶏の唐揚げは量を作りすぎてしまったらしく、明日の朝飯にする事になった。

アサリの酒蒸しは一瞬でなくなった。

 

腹一杯になった俺達は、4人でTOKYO JUNGLEの続きをプレイし始めた。

 

「……」

 

先輩2人と同級生がプレイするのを眺める。

 

……

 

「あの」

 

「え?」

 

XENOGLOSSIAはもう見ないんですか?」

 

「見ない」

 

はい……。

 

ーーーーーーーー

 

2泊3日の予定だったのだが、こんな感じでずっとリゾートマンションの中でゲームをしたりアニメを見たりしていた。

 

どうやら先輩達は、最初から観光する気なんてサラサラなかったらしい。

『みんなでワイワイ過ごす』

これが一番重要だったのである。

 

俺も観光とかにあまり興味がなかったので、気の合う人達とダラダラ過ごせて良かったと思っているし、実際、全員そう思っていただろう。

インドアな人間達だし、これが調度良かったのかもしれない。

 

箱根から車で帰る途中に、回転寿司屋があったのでそこで夕食にする。

 

腹一杯に寿司を食べた後、田舎特有の広い駐車場の中から沈む夕日を見た。

 

あれが今までに見た中で、一番綺麗な夕日だった。

わくわく女騎士ワールド

1:盗賊団のアジト
2:魔王の地下牢
3:異端審問の塔
4:触手蠢く地下迷宮
5:逆臣の舞踏会
6:厭戦の前線基地
7:禁断の魔術師館
8:ゴブリン王のテント

^^;

ϟƘƦƖןןΣx

( ̄^ ̄)ゞ

ありがたやー ( ̄人 ̄)

(;´Д`)ノθ゙゙ ヴイィィィィン

└( ^ω^ )」

\( ^ヮ゜)>

s(´。`;)ゞ

s(´・。・`)ゞ

(^-^)b

( ´◡ ◝)

(^^)v

ヽ(^○^)ノファーーァ!

o(;△;)oえ〜ん!

( ◞‸◟ )

( ◠‿◠ )

(i_i)\(^_^)

(:D)┼<

(°з°)

(*´ω`*)

( ´◔‸◔`)

(^~ ^)

?(・_。)?(。_・)?

σ(^^)

╮(´・‸・`)╭

(o^-^o)ニコッ

モォイイッc(>_<。)シ*バシッ

✌('ω')✌

✌(^-^)✌

(´◔౪◔)

?(;´’-’`) ?

( ◜◡‾)(‾◡◝ )

(*˘︶˘*).。.:*♡

(´・ー・`)

(´つヮ⊂)ウオォォw

:;(∩´﹏`∩);:

(*ゝωб*)b

ヾ(❛◡❛)ノ

(๑′ᴗ‵๑)

⌒(ё)⌒

(:3 )≡:・*・。
。・*・:≡( ε:)

( ་ ⍸ ་ )

╰(・◡・╰)

( ´◔‿ゝ◔`)

(;△;)

(°-° )

( ˘ ³˘)

(¬_¬) o(;△;)o

(¦3[▓▓]

( ^o^)

( ˘⊖˘) 。o()

|| ┗(☋` )┓三

( ◠‿◠ )☛

▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂

ゲーム

大学時代は今ほどTwitterを真剣にやっていなかったし、やる意味も感じる事が出来なかった。ただ、大学の知り合いや興味のある人をフォローしていただけで、呟くのも1ヶ月に1度あるかないか、といった具合だった。

 

mixiもやっていたけど、そっちも同じような感じ。

 

その頃の俺の中を占めていた一番大きな部分は、大学の授業終わりに部室でどんなゲームをするかということ。

 

そして、『ゼルダの伝説25周年シンフォニーオーケストラコンサート』のチケットが1枚、余っていたということだ。

 

――――――――

 

カチカチ

 

『チケットを譲ってくれませんか?』

ゼルダの伝説コンサートのチケット欲しいです!』

 

………。

 

カチカチ

 

………。

 

今回、このコンサートのチケットを2枚取ったのは、友人のためだった。

以前、一緒に同じようなゲーム音楽のコンサートを見に行ったことがあって、「今度もまたあるんなら誘ってよ!」と言われていた。

 

コンサートのチケットを取った後にその友人に報告したら、どうやらその日は別の用事があるということで、断られてしまった。

 

早く言って欲しかったんだが……。

 

チケットを持ちながら当てもなく大学内を彷徨う……。 

元々大学にも友人は多くない。サークルの数人だけである。

声をかけても、

「いや、あんまり興味ないし遠慮しとく」

「ゲームは好きだけど音楽はそうでもないなぁ……」

という返事が返ってくる。

 

このまま、このチケットの席を空白にするのか……?

 

そうやって虚無に飲み込まれようとしていた時、家でなんとなしにmixiを開いたら、

『コンサートのチケットを譲ってください!』

そんな文字列が目に飛び込んできた。

 

これだ――

 

………。

 

mixiで乱立するスレッドには、老若男女が入り乱れていた。

チケットを売る決意をしたとはいえ、知らない人に譲るのは正直言って怖い。郵送は手間がかかるし、そもそも開演の日まで時間が無いし、できれば避けたいところ。やっぱり直接その場で会い、そのままチケットを投げつけて終わりにしたい……

 

と、

 

「(女性の投稿者にチケットを渡せば、その後ワンチャンあるんじゃないか?)」

 

なんて思っちゃった。

 

それからはもう女性の投稿しか見えないですよね。

 

俺は童貞だから………

 

――――――――

 

すみだトリフォニーホール、その大ホール。

 

俺はその入り口に立っている。辺りは暗い。昼と夜の公演のうち、俺は夜公演を選んでいた。近くには、ゼルダの伝説シリーズの絵でラッピングされた柱がいくつか立っている。

今回、女性と待ち合わせをした場所だった。

 

『チケットをお譲りしたいので、個人メッセージでやりとりしませんか』

そう持ちかけた。

『ありがとうございます! いいですよ!』

しばらくして返事が返ってくる。

 

そこで交わした言葉が、待っている俺の頭に浮かび……

 

と、

 

「お待たせしました~♪」

「イ」

 

想像以上に甲高い声が近くで響いて混乱する。

オタクみたいに俯いて、床のタイルの切れ目を眺めていた目線を上げる……

 

……めっちゃ可愛い……

 

クソ可愛かった。

 

髪は黒くて長いストレート。

長い睫毛が大きい瞳に影を落としている。

というかそもそも、顔がメチャクチャ小さかった。

 

服装はというと、フリルが多めの白いブラウスに茶色いスカート。

スカートに合わせたのか、肩にかけた小さいバッグも茶色だった。

 

「アイ、どうも……」

俺の喉からオタクみたいなキモい声が出る。

 

「○○さんですよね?」

「は、ははい」

 

母親以外の女性と話すことがほとんど無かったので、ひたすら緊張するし、汗がダラダラと背中を濡らす。

そんな俺の姿を見ても(ちゃんと見ていたかどうかも分からんが)、彼女はあまり気にした様子もなく笑顔を浮かべている。

 

「……あ!」

彼女が思い出したように声を上げた。

「お金渡さないとですよね、はい」

 

財布から、本来のチケット代ピッタリの金額を俺に渡してきた。

 

「あ、はい……こ、これチケットです」

俺は急いでカバンを開け、クリアファイルに入れていたチケットを手渡す。

「ありがとうございます! 行けなかったらどうしようかと思ってたんですよ~」

彼女はチケットを受け取ると、一瞬で笑顔になった。 

 

「私、ちゃんとゲームを買ってたんですけど、その特典でこんなコンサートに行けるなんて知らなくって……気づいたら受付は終わってるし……ゼルダの伝説が好きだし、どうしても行きたくって……」

ちゃんとチケットが貰えて安心したのか、口が回っている。

「そ、そうなんすか、ははヒ」

俺は、出かける前にメリットのシャンプーだけで洗ったゴワゴワの髪の毛をボリボリとかいた。

 

………。 

 

それから並んで座席に就くまでに話していて分かったのが、彼女がどうやら『売れないアイドル』をやっているらしい、ということだった。

 

(アイドル、ねぇ……、どおりで普通の人よりは可愛いわけだな)

その時に『アリス○○○』という所属しているアイドルグループの名前も聞いた。今ではハッキリと思い出せないが……。

 

そんなんでしばらくしたら、座席を照らしていたライトが暗くなってくる。

 

ライトはステージだけを照らしている。

舞台袖から登場した指揮者が、客に会釈をしながら壇上に立つ。

 

コンサートの始まりだった。

 

――――――――

 

「いや~~~~~ぁ良かったですねぇ! 知ってる曲がたくさんあって、興奮しましたよ~~~! 私、ムジュラの仮面が好きなんですけど、その曲もあって……あ~~~~~~……」

「はは……」

 

彼女はコンサートの後、かなり興奮しているようだった。

演奏中にちらちらと横を窺っていたら(キモ…)、彼女は流れる音楽に合わせて笑顔になったり、急に手で口を塞いで泣いたりしていた。

一方俺はというと、彼女が知らない曲で首を傾げている時「ヒヒッ…これはねぇ……この作品のこの曲でね……俺がィヒ……好きな曲なんだ……ヒヒヒッ…」とかオタク特有の気持ち悪い知識を披露したりしていた。彼女は「へぇ~」とか言って軽く聞き流していたが……。

 

帰りは俺と同じJR総武線に乗るというので、駅までの道を並んで歩いている。

 

足を一歩二歩と交互に動かしている間、俺の頭の中でグルグルと考えが巡る。

 

「(これメシに誘ってもいいのかな……)」

 

そう。mixiの女性にばかり目を通していたのも、ワンチャンを狙ってのことだったのだ。

これを、この目的を達成出来る、またとないチャンスだった。

俺の人生で今後何回訪れるか分からない、貴重なチャンス……。

 

「……」

「……? どうかしました?」

 

俺は深刻そうな顔を浮かべながら足を止める。

彼女が不思議そうに聞く。

 

「……」

「?」

 

「……」

俺は……

 

……

 

「いや、何でもない……」

「……? そうですか……?」

 

怪訝そうに首を傾げる彼女。

 

ダメだ。

ダメ。

俺じゃダメ。

俺みたいな気持ち悪い男、今の服装も高校の時に買ってから何年になる?

髪の毛だってリンスすら使っていないからボサボサだ。散髪だって、一週間前に1,000円でしてもらった。

 

……なにより。

人と話すのが苦手で、とりわけ女性と話す事なんて、こんな時に、こんな手段を取らないとできないんだ。

チケットをダシにして女性を物色していたんだ。

 

気持ち悪い……

 

あわせる顔が無い……

 

……

 

「……じゃあ……俺は御茶ノ水方面だから……」

「そうですか」

 

千葉方面のホームへ向かう彼女が、遠目から俺に手を振ってくる。

 

「……」

 

俺も手を振り返す。

 

ホームに電車が入る。

ドアが開いた。

座席は空いていない。 

 

「……う」

 

場の演出用ライトの明滅にあてられたのか、頭が痛い。

吊り革に体重を預ける。

 

今日は帰ったらすぐに寝よう……。

 

――――――――

 

しばらく経つ。

 

その後、彼女はmixiからいなくなっていた。

どうやら退会したらしい。

 

彼女が所属しているアイドルグループのホームページも見てみたが、コンサートの後、数日で解散発表を出していた。

解散理由は身内の誰かが活動に背くような事をしたらしい。詳しくは書いていなかった。

 

綺麗な顔だったが、今ではまったく思い出せない。

 

それにしても。

 

俺にすら顔を覚えて貰えないなんて、やっぱりアイドルとしての才能が無かったんだろうな、とか。

 

そんなこと思ったりした。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com