国立

国立駅周辺にはゲームセンターが無かった。

 

当時大学生だった俺は『クイズマジックアカデミー』に嵌っていて、国立駅の近くに住んでいながら、数駅離れた国分寺駅から少し距離のある『ゲームシティ国分寺南店』にまで通っていたのだった。

 

(なんとかして……国立駅周辺のゲームセンターを見つけたいなぁ……)

 

そんな気持ちばかりが積もっていく。

インターネットで調べても、国立駅の周辺にはゲームセンターらしき物は無い。俺の調べが足りないだけなのかもしれなかったが、僅かな情報すら入ってこないのである。

 

谷保駅

 

国立駅からそこそこの距離があるのだが、南口を大学通りに向けて真っ直ぐ進み、ひたすら真っ直ぐ真っ直ぐ行くと谷保駅に着く。

インターネットで調べたところ、そこにゲームセンター(らしきもの)があるらしかった。

 

「行ってみるか~……」

 

とても普段通いができそうな距離ではなかったが、行ったことのある範囲を広げてみるのも良いかなと思ったのだった。

 

――――――――

 

「はっ……はっ……」

 

汗がうなじから背中に流れズボンに染みついていく。

腕に丸い水滴が無数に噴き出してくる。

 

季節は夏。時間は夕方。

自転車で谷保駅を目指す最中である。

 

知り合いから譲って貰った自転車なのだが、チェーンが錆び付いているし、変速機構もない。安いママチャリだった。

 

「は……は……えぇ……」

 

自転車の性能は関係ない。俺の体力の問題である。

 

一橋大学の無駄にデカい敷地を横目に抜け、緑に囲まれた桐朋学園が右手に見えてくるといった位置。もうこの時点でバテかかっている。

 

(こんなんじゃ、やっぱ通うのは無理だわ……)

 

後悔が、心の底から湧いてくる。

とはいえゲームセンターを目指してしまったのだから、目的地が見えるまで足を止めるわけには行かない。完全な無駄足になってしまうのは避けたかった。

というか、地図ではそんなに遠くないように感じたのに駅から桐朋学園に着くまでが、えらく長く、永遠と続いていたような気がする。

ひたすら直線が続いていたからだろうか……。

 

そんなこんなで進んでいくと、辺りが暗くなり始めてきた。

 

「『逢魔が時』ってやつだな……ヒヒッ」

 

最近覚えたばかりの単語を口に出したくなる。

オタクの悪い癖である。

 

気温もだんだんと下がり、足も割とスムーズに動くようになってきた。そして……

 

「着いた~~~~~~ん」

 

JR南部線 谷保駅である。

 

「って小さいな!!」

 

それもそうで、国立駅の5分の1も無いような大きさの駅である。普段、国立駅ばかり目にしている俺の率直な感想だった。

そんな無駄なことを考えている場合じゃない。お目当てのゲームセンターを探さないといけないのだ。辺りをウロウロし始める。

 

しかし、探せど探せど目当てのゲームセンターを見つけることが出来ない……。

 

このまま何も無いまま、来た道を戻らないといけないのだろうか……。

そう思いかけていた俺だったが、たまたま通りかかった細い道路の傍らに、それはあった。

 

「え?」

 

窓から店内の様子が見える。

メダルスロットと、時代遅れのクレーンゲームが申し訳程度に置かれている。

とてもゲームセンターと呼べるようなものではなかった。

 

「………」

 

俺の首から、涙のような汗がひとつぶ、地面にこぼれ落ちた。

 

――――――――

 

真っ暗な帰り道、自転車を手で押しながら歩いている。

結局は無駄足だった。

 

(まあ、良い経験だよ)

(それに、来たことない場所にも来られただろ?)

 

ポジティブに考えようとする。

 

「腹減ったな……」

 

谷保駅へ向かう途中に何件かラーメン屋があるのが見えていた。

俺は『国立飯店(だったと思う)』と書かれた赤い暖簾をくぐる。

 

「もやしそばください」

 

もやしそばが出てきた。

旨いのか不味いのかわからなかった。

 

帰りに大学通りを自転車で走っていると。突然、

 

「おい!止まれ!」

 

「!??!?」

 

知らないオッサンが目の前に立ち塞がってきた!!

 

「おわあああああ!!!!!」急ブレーキをかけながら叫ぶ俺。

「おい!」オッサンは何事も無かったかのように続ける。

心臓かドキドキしている。

「はっ!はっ!……えぇ??!な、なん」

「お前! ここの人間じゃないだろ!!」

「????」

 

訳が分からなかった。首を傾げる俺。

 

「ここね! 分かってる? 逆なんだよ通路が!」

「??」

 

そこで気がついた。

大学通りの自転車用通路は『一方通行』だった。

俺の通ってきた通路は、2車線の車道を挟んで『右側』。これは、国立駅方面から来る自転車だけが通れる道だったのである。

左側が谷保駅からの自転車が通る通路だった。

 

「あ、あ、す、すいません」

「全く……若い奴らはコレだから……大学に入りたてのヤツが良くやるんだよ、こういう事をさぁ!」

「……すいません」

「すいません、じゃないんだよお前は。前から来る自転車とぶつかったらどうする? 秩序を守るんだよ秩序を。ルール。分かる?」

「……すいません」

「俺はずっと昔から国立に住んでるけど、最近の若い奴……特に学生がなぁ…………」

 

…………

 

それから10分程度、ずっと説教をされていた。

 

説教するのは良いんだけど、自転車用通路でやるもんだから、俺の後ろから来る自転車が立ち往生して、迷惑そうな顔をしていた。俺は、何とか端に避けて後ろからの自転車を通そうとしたけど、オッサンの説教はなおも無限に続いた。

 

とほほ~~~~~(ToT)

 

それから自宅へ帰る途中に腹が痛くなったので、国立駅のトイレを借りたら液体みたいなウンチが無限に出てきた。

 

もやしそばの所為だ、と思った。

 

 

おわり

「毎日鏡の前で色々な表情を練習してみなよ、それだけで違うんだ」って、先生に言われた。

 

それから毎日は、朝起きたら洗面所の鏡で楽しそうな表情、悲しそうな表情、怒ったような表情、色々やってみた。

鏡で自分の顔を見る習慣なんて今までなかったから、最初はかなり苦痛だった。だって死体みたいな気持ち悪い顔がグニグニと動くんですよ? 怖……。

でもだんだんと慣れてきて、色々な表情が出来るようになってきた。そうしていると、日常生活での表情もなんとなく明るくなってきたような気がした。

 

そんなこんなして、毎日トレーニングを続けていたある日、どこかのインターネットで『鏡の自分に向かって「お前は誰だ?」と言い続けていると、気が狂ってしまう』という話を見つけた。

 

鏡の前で、いつもの表情トレーニングをした後、その話が気になったから、戯れで「お前は誰だ?」って言ってみた。

 

そしたら急に、すごく気持ち悪くなってきた。

 

え?

 

それから鏡を見るのが怖くなってしまったので、表情のトレーニングを全然しなくなった。鏡というより、自分の顔を見るのが怖くなってしまった、って言った方がいいのかもしれない。

 

そんなことを思い出した。

 

あれ以上続けてたら、どうなってたんでしょうね。

グッバイマイアス

大学生の頃「腹筋割ろ」って思った。

その日から頑張って腹筋をしてたけど、数日後ヤバイ腹痛に襲われて道端で漏らしてしまった。国立駅から自宅へ帰る道中。家まで残り10メートルという距離だった。

その日から腹筋を止めた。そしたら体調はみるみる回復してくるし、漏らすこともなくなった。

社会人になってから、腹筋をするならば『すべてを覚悟した』時以外ないと思ってる。それか、自由にトイレに行ける職場で働いてるか。そのどちらかしかない。

社会人で腹筋をできる人を本当に尊敬する。腹筋が割れている人はもっと。

漏れないんですかね?

トイレに行くと、よく「これは『現実』なのか『夢』なのか?」って半信半疑になる。

 

すごくふわふわしている時がある。

 

トイレに行くまでの足取り。

便座に座った時の感触。

全部ふわふわしてる。

 

たとえば、おしっこをしている時。

 

「このおしっこ、もしかして俺は布団で寝てて、実際はそのまま『中』でしちゃってるんじゃ……?」

 とか思って、頬をギュ~~ってつねってみたりする。

 『ちゃんと現実でおしっこをしている感』みたいなものが、どうも欠落している感じがする。

 

それやって、本当に目が覚めちゃったら全部終わりなんですけどね。

 

でもまあ、今のところ頬をつねっても、毎回ちゃんとトイレの便座に座ってる。

 

そんで、

 「あ、ちゃんとトイレでおしっこしてる。よかった~~」

 って安心する。

 

 

 

怖い。

煙突

「あの煙突から、夜にたくさんの煙が出るんだ。夜はいつもそうだ」

 

タクシーの運転手が言う。

 

確かに夜の空よりも黒い靄が、並び立つ煙突から大量に流れ出ている気がする。

 

「俺たちに見えないからなんだ。隠れてコソコソとやってる。そうやって空気が汚れていくんだな」

 

運転手が笑う。

 

日に日に、化学物質が空気を汚染する。

 

そうなんだ。

この息苦しいのは、俺が息苦しいのは、煙突の煙のせいだ。

 

目的地に着いた俺はタクシーから降りる。

 

大きな咳がひとつ出た。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com